フォト

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

オールふなはしプロジェクト☆西へ☆

まずは、画像だけでもアップしなければ!!

2012年1月29日

オールふなはしプロジェクト ☆ 西へ ☆!!


会場は、あの、大坂リーガロイヤルホテル中国料理 皇家龍鳳 特別室

 

腕を振るったのは、料理長 余 偉民 氏

どゆこと??(汗)
 

 

どないしたん?(笑)

 

そう言うはりましてもねえ・・・。

 

よう言えん事がぎょうさありますよってに・・・。

 

冗談はともかく、今回は、西ノ宮にお住いの私の友人からのお誘いで実現しました。参加メンバーは、西船橋地区の「山野農家組合」の私を含めた昨年の役員さん7名。役員の任期が無事終了したことを祝っての慰安旅行です。

 

友人の計らいで、当園の船橋産小松菜と、三番瀬から採れたホンビノス貝を持ち込んでの昼食会です。昼飯を食べるために、のぞみに乗って新大坂~大阪~リーガロイヤルへ!!

 

友人は、ご夫婦でお出迎え!!

 

まあ、高級ホテルなので、おいらも若干のおしゃれを決め込んでフロントへ。おお!、奥様がいらしたのでご挨拶を・・・・・

 

無視されたんですけど・・・・

 

ぶほっ。。。ジャケット姿のおいらをイメージされていなかったらしく、「ごめんなさーい」と奥様(笑)。

 

マネージャーの川端氏に案内して頂いた、皇家龍鳳 特別室。とても豪華なお部屋です。

 

Ts3i0271

 

 (前菜盛り合わせ)

ここで、西船橋春日の「小松菜ラッキョウ」が出てきたらどうしよう・・・。と、思いましたが(笑)ピータンやエビのオードブルの豪華なスタートダッシュ!!。これだけで相当飲めそうですなあ・・・。
いやいや。この後、もっとすんごいお料理が期待されるのでお酒は・・・・。と、思っているところから「15年ものの紹興酒ちょーだあーい!」と、ゆっくんが(汗)。

 

 

 

Ts3i0278_2 

 

そんなこと言ったら、おいらはワインが良いなあ・・・、と言って見ると。ソムリエの・・・・・・えーーーーと、お名前が出てこない・・・。あら、お名刺を頂いたはずなのに・・・。この方、東京の有名店で修業をされていたそうで、大阪でもトップレベルの実力の持ち主。当然チョイスするワインは、お料理にベストマッチ!!。

 

Ts3i0280

 

こんな感じでね。

 

あら、金太郎さんも同席だったりして。畑の人に海の人が混じってます「オールふなはしプロジェクト!」


Ts3i0273

 

(ふかひれと海鮮卵白シート包みの田舎風)

 

実は、船橋かねはち水産から直納したホンビノス貝をふんだんに使用した中華風クラムチャウダー、卵白シートは小松菜をピューレ状にしたものを混ぜ込んでいます。ふかひれに付いては、基本を知らないので今回の食感を基本にさせて頂きます。今後私と出会うふかひれはかなり気合を入れないと評価されない予感が・・・。


Ts3i0274

 

(小松菜と干し肉の炒め物)

美味しいのは当たり前ですが、なぜか小松菜の食感がいつもよりしゃきしゃきします。良く見ると、茎の部分だけで、葉の部分は除いて炒めています

じゃ、葉の部分は??



Ts3i0275

 

(白身魚の金華ハム巻き クリスタルソース)

はいはい、葉の部分はこちらで使用してます!!
余 偉民氏も無駄使いはお嫌いなようで、私達のハートをゲットしてくれます。上にに添えてあるのは、カニの卵。絶品です

 

Ts3i0279

 

(伊勢海老の緑チリソース)

こちらは、青唐辛子と小松菜の緑を混ぜ合わせたピリ辛ソースで、伊勢海老をからめました。汗が出るほど辛いのですが、紹興酒とベストマッチ!!。

おかげさまで、お酒のオーダーがとんでもない量に!!、・・・・予算オーバーなんですけど(笑)


Ts3i0281

 

(豚すね肉の醤油煮込み 温野菜添え)

 

Ts3i0282

マネージャーの川端氏が取り分けてくださいます、この方、関西系お笑いホテルマンの神です!!、トークも絶妙!!、見てください、この手元!!、友人の奥様のお気に入りです。豚肉と小松菜の相性も抜群で、ますますお酒が進みます。

え~、次はシェリー酒ですかあ!! 

Ts3i0283

 

(蛤の笹の葉蒸し おこわ)

実は、おこわには小松菜パウダーが隠し味で混ぜ込まれています。なぜかもっちり感が強調されます。!!コンパーレコマーレの小松菜ピッザも同様です。まして、ホンビノスが炊き込まれているとなると、どおして、大阪で初体験な訳??。

余さん、このメニュー、千葉県船橋市あたりで頂いても良いっすか(^-^;
市役所サイドの玉川旅館あたりで試したら最高なメニューになる予感が!!


Ts3i0284

 

(点心師の特製デザート)

このころには、お酒も進んで、良く覚えていません(汗)

お餅のような、ゼリーのような・・・。もう一度味合わないとレポートできません(笑)

取材という事でもう一度お邪魔するべ!!

 

Dsc00082

中央の方が、余 偉民氏。
横浜の中華街の出身だそうで、父上は、ホテルオークラの中華を担当されています。
どうしましょ、これより有名になると、我々には遠い存在になってしまうのか・・・・。本当にお世話に成りました。m(_ _)m

2012年1月27日 (金)

ひらの苺農園

ひらの苺農園
ふふふふ (^_^)v

赤くなって来たぜ

二人の孫の為に、小松菜のビニールハウスの一部を占領して、秘密裏に行われていた壮大なプロジェクト(笑)。

4品種40本の苗が定植されています。

しかし、そこで予期せぬエラー!

コハ姉ちゃんは「おいちぃ〜!」と言って食べたが、弟のダイちゃんは、ニコニコしてバックステップを踏み逃走!

ごらあ!。じいじの育てたイチゴ、食わんかい〜 (-_-#)

2012年1月26日 (木)

イタリア チリ ニッポン ちゃちゃちゃ!

イタリア チリ ニッポン ちゃちゃちゃ!
ニンニクを特上のオリーブオイルで炒めて、小松菜、ネギを投入。抜いたばかりのチリ産スパークをパシャとかけて、ファイヤー!。

最後のとどめは、日本橋
M越のデパ地下で入手したイタリア産チーズをスライスしてはい出来上がり(^_^)v。

何故か泡と小松菜が合うのよね〜。

塩コショウもわすれずに(笑)

2012年1月25日 (水)

スリップ注意

1月23日の夜、船橋市役所サイドの「コンパーレコマーレ」さんで、船橋市記者クラブ&広報課の皆さんに混じり、讀賣のK田氏の送別会にお声掛け頂き、さんざん食べて飲んで話して笑ってまた飲んで・・・・(笑)。

で、中締めをして外に出ると、R14に雪が積もってます!!!

ひえ~。足が冷たいんですけど・・・。おいらの靴は、通気性の良い靴底に穴が開いているタイプ・・・。当然底の部分からしみ込んできます。

ところが、朝日のSおやぢは、青森のご出身だそうで、コートも着ずに元気いっぱいにスキップをしそうな勢いです!!

パワーあるよなあ~。

二次会が終わって、帰宅したのは2時っすよ!2時!!。

帰りのタクシーがまたまた豪華メンバーです。

朝日、讀賣、千葉日報、くるまはたけ・・・・・・・。

ほほお・・・・。
おいらもメディアとして認めてもらえたのか(爆!)。

そして、翌朝は、若干の二日酔いをおして、キャンターとアクティーのタイヤをスタッドレスに交換。アクティーはサクサクですが、キャンターがねえ・・・。

スリップ注意

 スリップ注意

↓の写真は、今朝(25日)のもの

雪は解けたものの、すんごい霜柱!!
気温的には一番寒かったのかな?
霜柱の中にあるのは、クリムソンクローバー。・・・・・大丈夫かいな?

 スリップ注意
 

2012年1月17日 (火)

カネコ種苗総合見本市

カネコ種苗総合見本市
18〜19日に東京流通センターで開催され、当園の「いなせ菜」が展示されます。

今、集荷にきました

2012年1月 9日 (月)

読売新聞「食の王国」

1月9日発行、讀賣新聞京葉版「食の王国」に西船橋の小松菜が取り上げられました!。

 

農業者って、なかなか自分の意見や、宣伝をうまくお伝え出来ませんが、この記事を読むと先が開けたような気に成ります。  

小松菜産地としての、歴史とストーリーが有って、初めて皆さんにアピールを出来ると言う事ですね。 

この記事を見て、小松菜農家がさらに盛り上がれば最高です。  

小松菜自体、品薄状態で高値で取引されていますが、西船橋からは沢山出荷されていますので、皆さん宜しくお願いしまあーす!

同時に取材された、
西船橋北口「じゅうや」の「小松菜ホットサラダ」も絶品です。どうぞ覗いてみてください!!

Yomiuri

2012年1月 8日 (日)

ひらの農園スペシャルお雑煮

ひらの農園スペシャルお雑煮
小松菜が山盛りのお雑煮

出汁は、鶏肉

新年会で飲み疲れの皆さんには、お勧めの逸品!

2012年1月 4日 (水)

ひらの農園、最高の贅沢

2012年も、4日目に成りました

今日は、西船橋産小松菜の初荷の出荷作業も順調に済み、ママの実家へのご挨拶も昨日済ませて、農園主、プライベートで飲んでます・・。

と言っても、残り物と小松菜(笑)

Ts3i0220

でも、鯛ですよ~
頂き物ですが・・・


Ts3i0219

数の子・・・
おせちの残り・・
人参とのバランスが絶妙です
ここは、船橋産人参に脱帽  (._.)アリガト


Ts3i0218

ふふふふ
小松菜のベーコン炒め
実は、このお皿に山盛りにありまし

露地物の「良かった菜G」

絶品です!!

やはり、露地で凍結した小松菜は、一味もふた味も違います




2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
家庭の荒神様は、高い所にあるのが定番。

今年も家内安全を見守って下さいまし

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

リンク

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ