フォト

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

年越しラーメン

年越しラーメン
年越しラーメン
年越しラーメン
年越しラーメン
イベントに出向きご挨拶して来ました、ラーメン通信の山路さんも、とても良い方です。今度、お時間のある時に、ゆっくりお話させて頂く事に成りました。

ラーメンの味は、前評判通りこくのある、素晴らしい味わいで、小松菜麺との相性も良く、お客様も皆さん完食です。

気になったのが、プロらしきかたがを多くお見受けしました。

スープをのんでは、ノートパソコンでネットに書き込み…、みたいな(笑)

情報化の時代ですね。

って、おいらも現場から更新ですが…。

すいませーん、替え玉くださあーい!

2009年12月30日 (水)

最終イベント

今年も本当に残り僅かになりました

しかし、相変わらず楽しく動きまわっております。

本業の小松菜出荷も、先週の冷蔵庫状態から脱出し、予定以上に収穫を出来る事が出来、お客様にもご迷惑をかけずに喜んでいただけました。特に、今年度から新規にお取引をお願いした、長印市川市場のTさんには、大変お世話に成り、充実した販売を実現出来たと確信しております。

夕方には、JA直営のAコープを覗いてみると、私達の小松菜が売り切れ状態になっておりました。明日販売分が無くなってしまうので、急いでO氏に手配して、大晦日の販売も何とかご迷惑をかけずに売り場を埋める事ができました。

明日の大晦日と言えば千葉ラーメン通信ビビットスクエアが協賛で、私達の小松菜ラーメンを使用したイベントが、船橋で開催される事に成りました。お時間のある方は、R14号、船橋ららぽーと入り口交差点にある「ビビットスクエア」を覗いてみてください。こだわりの食材を使用したスペシャルラーメンを食べることが出来ます。

おともだち皆さん、良い新年をお迎えくださいねえ~。

2009年12月28日 (月)

JAちば東葛

JAちば東葛

来春早々、新しい農協が誕生します。

職員の皆さんも、最終調整で大変です。

おっ!

通帳の店舗番号や、小松菜組合の出荷伝票も変わるんだ!。

なんだか、ワクワクしてきたぞ!。

美人職員とか、移動で増えるのかな?(笑)

2009年12月24日 (木)

サンタ

サンタ
ぶほっ…

軽トラで来るかい?(笑)

2009年12月23日 (水)

寒い〜

寒い〜
寒い〜
寒い〜
寒い〜
寒い〜
小松菜が凍っています。暇なので、ビニールハウスを日陰にしている雑木の枝を伐採しています。

木の上に上がると、なかなか気分が良いっす。

上がりながら枝を切って行きますが、気が付くと降りる時の足場を切ってしまって、立ち往生でした(笑)。

2009年12月20日 (日)

小松菜ラーメン

小松菜ラーメン
小松菜ラーメン
いよいよ試作販売開始です。スープは、醤油、塩、味噌、白湯から選べます。

価格は、10玉入り、税込み@2000円を予定していますが、このブログからオーダーしていただいた方は、@1800円に致します。

発送の場合は、千葉検見川の藤代製麺からクール便にて直送に成ります。

料金は、3ケースまで850円だそうです。

お問い合わせは、このブログのメールでどうぞ!。

※注文が殺到した場合は、年内の納品が出来ない場合が有りますがご了承下さいm(_ _)m

2009年12月18日 (金)

農商工忘年会

先日、農業センターのひろせ氏からお誘いがあり、参加してきました。しかしまあ、こんなにそうそうたるメンバーの中に、混ぜていただけるなんて!!。今回、初めてお会いするのは、食品コンビナートのかぶらぎ氏と、モロゾフのさいとう氏。・・・・今後、かなりの確率でお世話に成りそうな気がします。

そして、小冊子を持っている方が、船橋市役所の西村氏で、とても優秀な方です。彼らは、広瀬氏を含む11名で、未来の船橋市をプロデュースする「平成21年度 船橋市政策実現プロジェクト」シティーセールスチームとして、船橋市ティーセールス戦略を市長にプレゼンテーションを行ったそうです。

Cav5did7

日々の多忙な業務の合い間をみて、市民の為に市政の将来を考えてくれる優秀な人材が、市役所内にいらっしゃると言うことを知って、我々も頑張らなくては!!、と、再認識したしだいです。

まてよ・・・、今回は、農商工じゃなくって、士農工商??(笑)。

あ、マスコミも2名・・・(爆!!)

2009年12月12日 (土)

走り納め ?

走り納め ?
走り納め ?
久しぶりに筑波を走って来ました、天気も良く、絶好のコンディションでしたが、とても混んでました。

ご一緒したのは、ウRSさんとますださん。

そうです、ロードスターカップのチャンプなご両人です。私のベストは、1分10秒9。

皆さんの2秒落ち…。ふふふ。逆算すると、私は、2分11秒台で富士を走れると言うことだな(笑)。

※画像と文の内容は少ししか関係有りません(笑)

2009年12月11日 (金)

ムッシュ ヒラノ

ムッシュ ヒラノ
ムッシュ ヒラノ
船橋に有るビストロ駒さんで開催された、ワインのイベントにお邪魔しました。

詳細は後日。

…ワイン、美味いっす。

2009年12月 6日 (日)

会議 給食 ミラベル

今週末は、充実した一日を送りました。

午前中は、東京青果で小松菜の販売会議です。

埼玉、東京、千葉の東一地場産地の代表メンバーが集まり、年末の出荷見込みと、価格の交渉です。生産者は、「この価格ではやっていけない、もっと高値を・・!!」。市場側は、「景気が悪いので、価格を下げて・・・・」と。

いずれにしても、日本の野菜の価格を決定する東京青果が、「景気が悪い」とか、「販売が低迷して・・・」等と言っているようでは、良くなる景気も後戻りしてしまいます。ましてや、赤字経営でも、他の収入を投入してまで、小松菜の産地として生き残ろうとしている皆さんも居るのですから、前向きな情報を期待しますと言う事で、お願いしてきました。

そこで、東京がダメなら、地元でね!!(笑)

と言うことで、地元葛飾小学校の栄養士のS先生と、そのお仲間の栄養士皆さんが、午後から、小松菜レシピ試作会を開いてくれました。

当然お邪魔して、小松菜とパウダーをサンプルで協力させていただき、小松菜の品質に付いてのご希望もお聞きしてきました。

給食に使用する場合は、太めのしっかりした小松菜が良く、細くて軟らかい物は、加熱して行くと目減りしてしまい、望ましく無いということです。また、根の部分は食べられないので、その分を増量してもらえないかと言うご指摘も頂きました。また、私だけでは、勿体無いので、PTAの役員でもあり小松菜のメンバーのミナミさんにも連絡を入れて、途中から参加していただきます。

そして、栄養士の皆さんで楽しく相談して、出来上がった試食メニューは!!

ご覧のように、グリーンが良く効いたバランスの良い逸品です。

会議 給食 ミラベル

まずは、チクワの磯部揚げ・・・??じゃ無くって小松菜パウダー揚げ。

普通に美味しいです。チーズ竹輪だったらもっとね・・・。あ、予算がね(笑)

会議 給食 ミラベル

そして、小松菜マフィン。

小松菜パウダーの量を調節して、栄養成分の調節にも使えます。個人的には、中に餡を包んだら美味しいなあ・・・、なんてね(笑)。

会議 給食 ミラベル

パスタは、ジェノベーゼ風小松菜ソースを絡めます。

すいませーん・・・、ワイン有りますかあ~。

こういうのが給食で良いんだろうか?、美味しすぎです。

会議 給食 ミラベル

そして、こちらはマカロニグラタン、小松菜クリームソース仕立て。

各校に、グラタン皿が有るので可能だそうです。こうなって来ると、あのミラベルが給食に出前をしてくれたかのような錯覚さえ!!。

会議 給食 ミラベル

おーっと!!

これは反則かあああ!!

小松菜すいとんです。ありですか??

おっちゃんの中では、給食メニューに「すいとん」とは・・・、予想外の展開です。しかし、S先生によれば、良くメニューに入れているということです。昔は無かったもんなあ・・・。お汁の味も丁度良いし、小松菜もたっぷり入って美味しいです。

具のお団子にパウダーを練りこんで、緑色のお団子がとても楽しそうで、子供受けする事は間違いありません。パウダーの分量を数種類テストして、一番バランスの良い所を本番に使用するそうです。

図々しく、すべてのメニューを家族総出で試食させて頂き、孫のHMも大満足でした。

夕方からは、小松菜グループの忘年会です。すげーハードだ(笑)

場所は、いつものミラベルです。

参加者は、いつのものメンバー&快速氏、たかはし氏、JAのK村氏。そして、取引市場3社の担当の皆さんです。

組合長なので、初めにご挨拶をします。

・・・・が。朝から充実した「営業」をしていたので、妙にテンションがノリノリです(笑)。

恒例のご挨拶はそこそこに、私の後にご挨拶を頂くお客様に、注文を付けます。「えー、ご挨拶いただくお客様には、前向きなお話をお願いいたします。安いとか、景気が悪いとかのお話は、禁止させていただきます」って(笑)。

当然、取引市場3社はもちろん、快速氏までが、将来性のある前向きな話を!!。

楽しい宴席になった事は言うまでも有りません。

年末出荷に向けて、会員が一致団結して、良い結果を出せると確信した週末の出来事でした。

2009年12月 3日 (木)

第57回千葉県野菜品種品評会「こまつなの部」

快速公務員氏からのお誘いで、千葉県農業試験場で行われた、小松菜の品評会のお手伝いに伺ってきました。お手伝いの役割は、結束する事です。あいにくの天候で、スタッフの皆さんは大変でしたが、我々は、ビニールハウスの中での作業と言うことで、安心して作業できました。

まあ、いつも仕事で収穫作業はしているので、たやすい御用ですが、今回は、採点にも多少関係するので、真面目にお手伝いをします。

審査は、現場での採点と、収穫したものをビニールハウスに持ち込んで、落ち着いた所で再度評価し、その合計で、順位を決めます。

第57回千葉県野菜品種品評会「こまつなの部」

総出品数は、26品種。

各メーカーのブリーダーさんや営業、そして、販売店の社長さん。各関係機関の先生が審査に当たります。当然覆面審査なので、公平に審査されます。

さすがに、千葉県の優秀な技師の方が担当しただけに、すばらしい小松菜の生育状況で、栽培技術的には、これ以上の力作は望めないと言っても過言ではありません。

審査結果は、上位7点を公表しましたが、まだ販売していない農場採取の試作品種も多く見られましたので、一応、くるまはたけさーきっと的に、いつでも入手できる通常販売品種を、上位3品種だけ公表します。

2位  いなせ菜 (カネコ)

第57回千葉県野菜品種品評会「こまつなの部」

6位 ななみ (タキイ)

第57回千葉県野菜品種品評会「こまつなの部」

7位 いなむら(サカタ)

第57回千葉県野菜品種品評会「こまつなの部」

これ以上の公表は、各種苗メーカーにご迷惑をかけるといけませんので控えますが、この他にも使えそうな品種が数点有ったことは、私だけの秘密です(笑)。

~追記~

試作番号の品種も公表されていますので、書いておきます。

1位 W5311   渡辺採種場

3位 CS-020  サカタ

4位 CM-8    雪印

5位 NX-BK020 渡辺農事

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

リンク

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ