フォト

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

フォレストレースウェー

IDIの走行会におやぢRと、そのお友達でお世話に成ってきました。

私は、エントリー時に、腸閉塞で退院したばかりで、体力気力とも自身が無かったので、参加を見送り、お手伝いとして参加しました。

ましてや、初めてのサーキットですし、参加台数も枠一杯が予想されていたのでなおさらです。

元締め(笑)のやぐちレーシングからエントリーしたのは、ウRS号、ますだ号、いしざか号。そして、普段はポルシェ乗りの、GMオート号、チームニノ号、S原院長号。そして青ポルシェ号の7台です。

フォレストレースウェー

出走前に、サーキットのスタッフの方にお話を伺うチャンスがあったので、ちょこっと情報を探った所、タイム的には筑波の10~15秒遅れがまあまあのタイムと言う事です。

また、近隣の皆さんにかなり気を使っており、排気音の大きなマシーンの走行は、基本的にはできないと言うお話でした。実際、当日、走行を中断したマシーンが数台居た事は事実です。

フォレストレースウェー

上の写真が走行風景です、快適な走行会に見えますが、40台がコースインしており実際はかなり込んで居ました。参加台数の半分以上が様子見&体験的走行を決め込んで、またーりと走行します。

が、

やぐちレーシング面々は、容赦なくタイムアタックを開始して、コースを暴れまわります!!。

さすが、富士のチャンピョンレースで腕を磨いているだけの事は有って、ハイパワー車の群れを一気に抜き去って、縦横無尽にコース一杯にアタックをかけます。

2本目は、ウ氏と、携帯を繋ぎっ放しにして、クリアーが取れる場所取りを指示しますが、やはりうまく行きません(笑)

しかし、走行を終わってみると、矢口ガレージの参加マシーンが上位を独占して、1分22秒台~23秒と言うすばらしいタイムで、皆さんが走行を終了しました。

走行を終えて、皆さんが、「ロードスターの為に作ってくれたようなサーキットだ、また走りたい!!」っと言っていました。

んー、おいらも走りたくなってきたぞ!!

今度は、こっそりこそ練に来るかな・・・・。

空いていれば1時間ちょいで、走りにいけちゃいますからね!!。

さて。

一番時計は誰だったでしょうか??(笑)

2009年9月25日 (金)

小松菜品種比較 09"

小松菜品種比較 09"
小松菜品種比較 09"
今回は、路地栽培です。

武蔵野、サカタ、カネコ、トーホクをテストしてみました。 さあ、どの小松菜がどれでしょう。…

詳細は後日…(笑)

2009年9月24日 (木)

取材

取材
取材
船橋市広報課の取材が有りました。

次年度の市政要覧に農業部門で使ってくれるそうです。

良い写真がたくさん撮れました、クボタの帽子に、長女の染めた手拭いを首にかけて…(笑)

2009年9月22日 (火)

トラクター整備大会「オイル足りねえ~」編

毎年恒例の、トラクターの整備会がありました。神社の境内に皆が集まって、農機具家さんに事前に点検&交換パーツを申請しておき、整備士の指導の基、会員のトラクターを一気に整備します。

我が家のGL40は、

油圧兼用ミッションオイル35L、&そのフィルター。

ロータリーギアオイル&チェーンケースオイル5L。

フロントデフ&ギアオイル6L。

エアフィルター。

各部グリスアップ。

以上を発注して有りました。

長男と二人で作業を進めて、全て順調に進みます。35Lのミッションオイルは、5Lのサーバーで7回も入れなければ成らず、大変な作業です。

最後に、フロントデフオイルを農機具屋さんに取りに行きますが、6リッターありません・・・。

??何で。

もう、抜いちゃったんですけど・・・(汗)

しかし、無いものは無いわけで・・・・。農機具屋さんの計算ミスでしょ?。

いやいや、お宅の分もちゃんと計算に入れたよ!!

んー、困ったなあ・・。じゃ、うちに在庫している「スノコレーシングギア90番」を入れちゃおう(笑)。純正オイルも90番だから問題ないでしょ。

長男を自宅まで戻らせ、スノコオイルを持ち込んで、とりあえずは、事なきを得ました。

整備終了後・・・・・・・

農機具屋さんが、各自の整備を確認します。・・・・と・。

5リッター??。そんなにそこに入らないでしょ??。入っても2リットルぐらいでしょ・・・・。

と、笑い声が・・・。

何いいいいいい。ギアオイルを抜いて、ドレーンボルトを締めないまま新しいオイルを入れ続けたあああ!!(笑)。

ははああ・・・。丁度うちの分を流しちゃったのねん・・・・。(u_u。)

2009年9月13日 (日)

浦安

浦安

焼きハマ&アサリを調達しに、東西線浦安駅近くの浦安魚市場に出向きました。

今の浦安は、東京ディズニーリゾートを初め、巨大マンション群が立ち並ぶ高級住宅地になっていますが、昭和40年台までは漁師町として栄えていました。

おそらく、その頃は、魚市場も市場としての機能を発揮していたのでしょうが、現在は、時代の波と共に、一般の消費者も安心して買い物が出来る市場に変わっています。

今回お世話になった、「焼蛤本舗さつまや」さんは、場内のお店で貝をクシにさして箱詰めをしており、その味も絶品です。

ただ、お値段の方は、ちょこっとお高くなっちゃいました・・・。

昔は、安かったのですが、高級食材になりつつあります。

浦安

焼きハマを入手後、場内を一回りすると、新鮮で旨そうなさんまが売っていたので、ゲット!!。マグロもお得な値段で沢山売っていました。

浦安

その後、時間があったので、先日ケーブルテレビで放映していた浦安郷土博物館にお邪魔しました。ここでは、昭和初期の漁師町時代の様子や、水質汚染による公害で近海の漁場が壊滅していまい、巨大な埋め立て事業に至った経緯を詳しく説明してくれます。お近くの方は、ぜひ立ち寄ってみると良いでしょう。

浦安

館内には、昔懐かしい猟師町の様子が再現されています、急速に開発が進んだ浦安だからこそ、古い物の重要さが認識されてのでしょうね。

わが船橋には、有るのかな??

浦安

2009年9月 8日 (火)

秋の新作

秋の新作

秋の新作と言うより、夏品種のハウス夏まき、9月取りです。

画像中央が、カネコの「すごい菜(特選)」

右側の結び目が見えている小松菜が、、サカタの「稲村」

そして、左側が、トーホクの・・・・何番だったかな?・・・。試作で頂いた次期検討品種です。

すごい菜(特選)については、いつものすごい菜を、更に厳選して種のそろいを良くした物で、今期から販売を開始しました。以前のすごい菜よりも、発芽の時点でそろいが良い為、今までより生育が早いような気がします。

稲村は、今まで「014」として試験販売していた品種です。数年前に試作を依頼された時よりも、太さがのらずに生育が速く成ったように感じます。今回の3品種の中では、一番伸びが良かったです。もう少し収量が出ればねえ・・・。八景と比べたらどうなんだろうか?

最後に、トーホクの試作品種です。

以前、路地栽培で試作しましたが、生育が遅く、葉が大きくバランス的に如何なものか・・・?。と、あまり良い評価を出せませんでしたが、今回のハウス栽培では、なかなか良い結果が出ています。収穫のし易さ、束にした時のバランス等、なかなか良い感じです。まさみのモデルチェンジ版か・・・・?、いやいや、ハウス栽培専用品種かな??

でも、もう種が有りません、追加お願いしまーす(笑)。

この他にも、武蔵野、渡辺の品種も今日、播種しましたので、またレポートします。

ふふふ、なんだかんだ言っても、ちゃんと情報収集してるんですよん。

あっ!!、カネコの「いなせ菜」の種まきを忘れた・・・・(笑)

2009年9月 4日 (金)

筑波 TC2000

筑波 TC2000
筑波 TC2000

ガラガラでした、腸閉塞後のリハビリ走行です。

11秒しか出なかった…。

やぐちさんが、手時計で計測してると、緊張してタイムが出ないのよん(笑)。

2009年9月 3日 (木)

ナンバー取得

ナンバー取得

長男が某所から貰い受けたバイクに、習志野ナンバーが付きました。

群馬ナンバーの方が、バリバリな感じがするのは、私だけだろうか?(笑) 。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

リンク

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ